お酒とビタミンB1

お酒を飲む人におすすめのビタミンは、ビタミンB1

普段から楽しみの一つとしてお酒を飲むということは多くの人がやっていることです。
楽しいことがあったとき、いやな事があったとき、それ以前になんとなく、
という風に色々とお酒を飲むきっかけや理由というのが出てきますが飲んでいるときは楽しい気分になります。
ですが、飲みすぎると二日酔いになったりして半日ぐらい、いや、ひどい人だと夕方ぐらいまで体調が優れない、そんな人もいます。
二日酔いの対策としてウコンを飲んだりシジミの味噌汁を飲んだりシジミのサプリメントを飲んだりと人によって対処はさまざまです。
このお酒の対策、ビタミンもお手伝いしてくれるのでお酒を飲む時に摂取しておきたいビタミン、覚えておくと役に立つと思います。

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換

お酒を飲む人にとって味方にしておきたいビタミンといえばビタミンB1になります。
ビタミンB1といえば糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンですね。

 

アルコールも糖分になります。

 

アルコールを糖分として分解してエネルギーに変えてくれるのはビタミンB1ということになりますのでビタミンB1はお酒を飲むときには必要なビタミンとして活用していくと良いでしょう。

 

ビタミンB1を多く含む食品

基本的にはビタミンB1を多く含んでいる食品として豚肉や玄米、たらこや大豆製品などが多く含まれています。
なので豚肉を使ったおつまみを頼んだり、おつまみの大定番ともいえる枝豆や冷奴といった感じで大豆製品を摂取するようにしましょう。
(枝豆は大豆の若いやつになります)
ですが、たらこの場合、プリン体が多かったりコレステロールもありますので別のもので考えるようにしてください。

 

ビタミンB1不足の症状

ちなみにこのビタミンB1、足りなくなっちゃうとどうなるかといいますと、体に入ってきたアルコールも分解できなくなっちゃうという状況になりますのでエネルギー変換もできなくなっちゃいますし、そのエネルギーを神経にうまく生かせないということになりますので血圧が低くなったり、手足がしびれてしまうということもでてきてしまうのです。
また、疲れたということでの疲労感が取れなくなったり、睡眠障害により睡眠不足になるという人もいます。
なので特にお酒を飲む時にお酒ばかりをのんでおつまみをあまり食べないという人は要注意です。
バランスよくお酒を飲みつつおつまみを食べるという風にしたほうが良いと思います。

 

なのでお酒を飲む時、そしてお酒をしょっちゅう飲んでいる人などはビタミンB1を摂取するようにしましょう。

 

食事で難しい場合にはサプリも検討

食べ物での摂取が望ましいのですが、もし、無理そうだという場合はサプリメントでの摂取も一つの方法になってきます。
ビタミンB1はビタミンB群が総合的に入っているサプリメントなどを普段から買って置いて必要だなと感じたときに飲むといった感じで利用してみるといいサポートをしてくれますのでおすすめです。
ウコンなどを利用している人なども一緒に飲んでみるとまた、若干楽になってくるかもしれません。
後はもちろんですが飲み過ぎないように、そして休肝日もしっかりと設定するようにしてみると良いと思います。
お酒を飲む席の食事は、脂っこい健康に悪い食事が多いですよね、でもそれが美味しかったり
健康面を考えると、きなりなどのサプリも検討してみましょう